読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「「エルサレム」亭の静かな対決」警視リチャード・ジュリー5、マーサ・グライムズ

シリーズ5作めで「作者にとって一番思い入れのある」と言われているヒロインが登場するとのことなのだけれども、確かに魅力的ではあるものの、ほとんど通りすがりのようにリンカーンの墓地に現れてあっという間に消えてしまい。 実際に出会ったジュリー警視…

「「悶える者を救え」亭の復讐」警視リチャード・ジュリー4、マーサ・グライムズ

あ、今気付いたら「警部リチャード・ジュリー」だった表記が「警視」になっていたので今回から変更します、多分新しい版だと古い分もちゃんと直ってると思うのですが(図書館で借りているので古い版なんですよね)、まあ昇進が3巻なのでそっちに合わせてち…

「「鎮痛磁気ネックレス」亭の明察」警部リチャード・ジュリー3、マーサ・グライムズ

2冊同時に借りたせいか、間違えて3作めを先に借りてしまったもので、気付いたらロンドンの警部とイギリスの片田舎の青年紳士(どちらも40代でしたか、えええ、メルローズそんな年齢だったのかw)がナチュラルに休暇を一緒に過ごす予定なのはまだともか…

「「化かされた古狐」亭の憂鬱」警部リチャード・ジュリー2、マーサ・グライムズ

間違って3作めを先に読んでしまったのですが、ロンドンの警部リチャード・ジェリーシリーズの2作め、あと元伯爵(その他諸々)のメルローズ・プラントも前作と同時に出てきているのですがどうも次の話からはかなりしれっと出てくるようです、なんで事件現…

「「禍いの荷を負う男」亭の殺人」警部リチャード・ジュリー1、マーサ・グライムズ

「禍いの荷を負う男」亭の殺人 (文春文庫 (275‐29)) 本を読む前からメルローズという名前は聞いていて(男か女かすらよくわからなかったのだけれども、実際この名前ってどうなんだろう、他で聞いた覚えはないですが)、どんな人物なのかな? と漠然と想像し…

「「五つの鐘と貝殻骨」亭の奇縁」警視リチャード・ジュリー8、マーサ・グライムズ

どちらかというとメルローズのほうが気になる人のほうが多いのではないかと思うのだけれども(というか、こっちのがモテそうな気がする、貴族過ぎるのが駄目なのか、爵位捨てても歩く高貴だよな、本気で)、作中では相変わらずジュリー警視が無双にモテる。 …

「「独り残った先駆け馬丁」亭の密会」警視リチャード・ジュリー7、マーサ・グライムズ

この話の中で印象に残ったのは多分目撃者なのだろう(見たのか見てないのかはっきりしてない気がする、犯行時に近くにいて、犯人が見た人物ってことかな)華やかな存在感を誇る女性の姉で、しかし、彼女と事件の位置関係からして、どうも彼女の語りでページ…

「「跳ね鹿」亭のひそかな誘惑」警視リチャード・ジュリー6、マーサ・グライムズ

いつものように雑然とした事件背景(とどう贔屓目に見ても事件にさして比重があるとは言えないただの関係者諸々、面白いからいいけど、というより、、、ひょっとしたら、ぎりぎりまで事件に関係あるかないか隠すためにわざとやってる気も...orz)(逆に、作…