読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「食と建築土木」後藤治/二村悟

ここに出てくる建築物はだいたい農作業の合間や、漁師の換金用や保存用のためなどに食品を加工するためのスペースだったりとか、お茶っ葉を覆うための空間を自然物で作ったりとか、まあ正直なところ現代になってどんどん数を減らしていって、それこそこの本…

「江戸の野菜-消えた三河島菜を求めて」野村圭佑

すんごく個人的に卑近な希望の話をすると、この本の巻末で出てきた江戸野菜のイラストと短文紹介をカードにして、東京各地の農協で産地に行くと手に入りますよ(裏は解説とお勧めレシピだな!)というダムカード的な展開にしてくれたら、かなり楽しいような…

「食と建築土木」後藤治/二村悟

ここに出てくる建築物はだいたい農作業の合間や、漁師の換金用や保存用のためなどに食品を加工するためのスペースだったりとか、お茶っ葉を覆うための空間を自然物で作ったりとか、まあ正直なところ現代になってどんどん数を減らしていって、それこそこの本…

『食彩の王国』#459sp スパイスの誘惑~日本・インドネシア“香辛紀行”~

“スパイスロード”という表現は私は始めて聞いたのですが、これ、番組のオリジナルなのかな? ただ、言いたいこと自体はまあわかりやすいかな、恒常的な交易ルートか(シルクロードは嘘だ、と言われてますが貿易ルートとしてはあったのよ)、もしくは食材が伝…

「ワイン物語−芳醇な味と香りの世界史(上」ヒュー・ジョンソン

正直、ローマ共和制時代の大カトー(大っ嫌い)がカルタゴの良質なワインに嫉妬して同都市を滅ぼす決意をした、というのは「ホントかよ?」と思わないでもないものの。 あるいはイングランドが大陸フランスの領地アキテーヌの所有に拘ったのは、同地が輸出し…

『食彩の王国』#226 キビナゴ

キビナゴ−Wikipedia 正直、似た魚を食べた経験までは確かにあるものの、それがキビナゴだったのかどうかがどうしても思い出せず、サイズのわりには可食部が多く、食べやすいものの痛みやすくほとんどが漁獲地にて流通、んー、卵持ってる時に食べる…

『食彩の王国』#225 ひき肉

ハンバーグ−Wikipedia どちらかというと手の加えようがあまりないステーキ肉の類より、ひき肉のほうが日本人の気質にもともと合ってるんじゃないのかなー、とは確かに思ったんですが、ハンバーグ(当時はそれ以外の呼び方をしてたそうですが)を作…

『食彩の王国』#224 よもぎ

ヨモギ−Wikipedia よもぎって日本以外でも食べるのかしら? と思ったんですが、韓国の“よもぎ蒸し”ってマッサージっぽいなー(中国や韓国では食べててもあんまり違和感ないですが、下手すると日本から逆輸入w)。わりとアクの強く、食べられるもの…

『食彩の王国』#222 ハマグリ

ハマグリ−Wikipedia 私の学生時代、故郷である愛知県では海が日本一汚い、という認定を受け。その後なんとか盛り返したような気もしないでもないんですが、その数年後、東京で「江戸前ネタの寿司が」ということを聞いた時に若干血管がぷっちんと行…

『食彩の王国』#221 しらす

シラス (魚)−Wikipedia と、いうか、いくら生の時点でくっ付けられたからってその後天日干しされたからって、そんなにぺったりとお互い張り付いてていいんですか、それで海でやっていけるんだろうか、とちょっと人事(魚ですがな)ながら気になって…

『食彩の王国』#220 うずらたまご

ウズラ−Wikipedia うずらたまごというと「あー、給食によく出てきた」というのが一番の思い出なんですが(正直、家で使ったことはないですかも)、そうか、愛知県だったからかw なんでも戦時中にエサ不足っつーか、戦火にあったり食べられてもしま…

『食彩の王国』#219 ヨーグルト

ヨーグルト−Wikipedia 確か昔はヨーグルトの類を直接増やすんじゃなくて(もしくは最近だとヨーグルトを作るための菌も売ってますが)、確か動物の腸の中で発酵させるんじゃなかったでしたっけ。わりと古い作り方をしているのだろうブルガリアの人…

『食彩の王国』#217 みりん

みりん−Wikipedia もち米を蒸したものに米麹を塗して発酵させる、という作業工程を聞くとどっからどう聞いても見事にアルコールです。もともとスーパーなどではお酒が売れなかったのでそれでスーパーに並んでいるのは“みりん風調味料”なわけですが…

『食彩の王国』#216 赤貝

アカガイ−Wikipedia あ、へー、画面で見ているだけでもなにか“血のような”色をした体液が滲み出していたのでちょっとぎょっとしていたのですが、鉄ヘモグロビンが元だ、ということになると本当に血液みたいなものなんだー。なんでも貝類では唯一な…

『食彩の王国』#215 干し椎茸

シイタケ−Wikipedia 禅宗の坊さんてのはともかく(尼僧のメニューも一部で有名ですがw)、食事に拘るっていうか生活の全てに拘る、ということがよく言われているのですが(絵を描くのも禅宗だよー)その元になったのがこの干しシイタケなのだそう…

『食彩の王国』#214 イカ

イカ−Wikipedia 基本的にあんまりヨーロッパでは海産物は食べないそうなんですが(日本食の影響ってのはむしろあるんだって)、イカなんてのは特に「悪魔の魚」と言われ、ああ、確かにw その例外地域は南北イタリアにスペイン辺り、その習慣がどこ…

『食彩の王国』#213 湯葉

ゆば−Wikipedia えーと、湯葉ってのは豆乳に熱を加えることで成分中のたんぱく質と脂肪が熱変化して起こる現象をラムスデン現象と呼ぶみたいなのですが(Wiki先生)、牛乳の膜もこれと同じ原理でいいみたいですね。 基本的に中国の古代で生まれ…

『食彩の王国』#212 ネギ

ネギ−Wikipedia で、えーと、番組で取り上げられていた白ネギって結局、ラーメンに盛られていたのと中国で油に香りを移すために炒られていたのだけかなぁ? ネギは種類の多い品種なのだそうで、もともと中国の西部から暑さに強い青ネギが関東へ(多…

『食彩の王国』#211 ハタハタ

ハタハタ−Wikipedia ちゅーか、昭和40年ごろには21万トン、平成3年には71トンと激減して、、、という段階で一体どんな数値なんだか見当もつかないわけですが、主に産卵期、海面に産卵のために上がってくるところを一網打尽って辺りで逆によ…

『食彩の王国』#210 たらこ

たらこ−Wikipedia 大雑把、というか広義では“タラの子ども”がたらことされるようなんですが。 特にスケトウダラの卵のことを指すみたいですね、なんでも卵・真子が一番珍重されるため、漁船は網を使わず抜け駆け厳禁、一団となってスケトウダラの群…

『食彩の王国』#209 大根

ダイコン−Wikipedia 日本には百以上もの“地大根”が存在しているとのことなのですが。 んー、弥生時代の中国種と日本古来種の交雑が起こったんだよー、以外のことが書かれてないところを見るとやっぱり品質の違いってほぼ土の違いってことでいいのか…

『食彩の王国』#208 セリ

セリ−Wikipedia もとはきっと田んぼの畦などに、自然に生えていたのではないかと思うのですが(農薬の中には雑草を枯らすものもあります)、番組では他に出稼ぎに出るしか選択肢がなかったのだという“三関ゼリ”、江戸時代に「ふけ田」沼地しかない…

『食彩の王国』#206 寒ブリ

ブリ−Wikipedia 非常にこうぼてっと太りきった姿に美味しそうだなぁぁ、としみじみと思うのは海産資源の国、特に東西の海流のすれ違う場所に位置する島国ならでは、という気もしますが。 師走=12月によく食べられることから“鰤”という字が出来た…

『食彩の王国』#205 柚子

ユズ−Wikipedia なんでも山椒と並んで二大香料とまで言われているらしいかんきつ類。 ウチも大概昔からの食材と縁がなくなってしまいましたが、柚子は時期にもなるとスーパーに普通に並んでいるし、使い勝手もいいしでなんだかんだとほとんど毎年ご…

『食彩の王国』#204 海老芋

エビイモ−Wikipedia おお、短いとはいえWiki君にエビイモの単独項目ありますね。 京野菜の一種で、サトイモの仲間、えーと? 親芋を植えると子芋と孫芋が出来てくるので親芋と小芋の間に土を被せてエビの反りのような形を作る? いや、理屈とし…

『食彩の王国』#203 はぜ

ハゼ−Wikipedia ハゼが干潟で口をぱくぱくさせているのを見ながら母上が「なんでムツゴロウって不味いのかしら」とのたまったんですが、確か絶滅危惧種(食っちゃいけないというレベルではないけど)なのに食うなとか、一応データ調べたらわりと味…

『食彩の王国』#207sp スペイン〜魅惑のイベリコ豚紀行〜

イベリコ豚−Wikipedia 基本的にゃあ農牧を行なっている地域は農牧にしか向かないというのが定石なので。 まあ、それこそ、このイベリコ豚が育てられているスペインの一地域にとっては、それが贅沢だなんだという以前に下手をするとそれしかなかった…

『食彩の王国』#202 牛ロース

すき焼き−Wikipadia 牛ロースっちゅうよりどっちかというとその薄切り肉を使った代表的な料理、すき焼きの回だったような気もしなくもないんですが(しゃぶしゃぶも出てきてましたね)、江戸時代に薬と称して牛肉を食べていた、というのはそういえ…

『食彩の王国』#201 くるみ

クルミ−Wikipadia 姫胡桃ならまだしも、鬼胡桃を割るのは大変、というのは多分、姫胡桃のほうが少し丸みを帯びているからじゃないでしょうか。わりとどこを叩いても割れる、というか力の伝わりやすさはあるんじゃないのかなぁ。 今現在農家で作られ…

『食彩の王国』#200 なめこ

ナメコ−Wikipedia 私たち日本人がぬめぬめしたものをわりと平気で食べられるというのも、結局はあれ、慣れと知識によるものだしなぁ、まあ正直、納豆の類はわりと平気だしなめこにしたところで味噌汁なんかに入ってる分には平気ですが、だらーっ、…

『食彩の王国』#199 塩

にがり−Wikipedia 塩田に海水を撒き、砂を越すことによって塩分濃度が濃くなり、燃料が少なくて済む! というは技術としては本当に素晴らしいと思うんですが、、、えーと、今は正直、人件費のほうが掛かるのではないのかな、という疑問が湧いてきて…

『食彩の王国』#198 落花生

ラッカセイ−Wikipedia 地面に植わっていて、掘り返しているのをなんとなく見ていたんですが、その後「花が地面に落ちる」とのことで落花生、と聞いてびっくり。そういえばよく考えたらそもそも実なのになんで地下に成るのか、実を守るためなのか繁…

『食彩の王国』#197 秋本番!りんごはおふくろの味

リンゴの唄−Wikipedia どうも実際、≪リンゴの唄≫でもって爆発的に林檎そのものが認知されることになったらしいのですが、当時は高価でほとんど見ることも適わなかった(食べたことを思い出しながら歌った、と歌手さんも言っておられたそうな)とW…

『食彩の王国』#196 芝えび

シバエビ−Wikipedia 語源辞典などを覗いてみても「芝浦で獲れたえび」だから柴えび、というのが一般的というか、妥当なようですが。現在は工業化、埋め立て化が進んでしまって獲れなくなってしまったようです。現在も東京湾以南、台湾くらいまでの…

『食彩の王国』#195sp ベトナム縦断〜いのちのコメ紀行〜

ベトナム料理−Wikipedia とにかく米、米、米という番組だったのですが、実際向こうでは日本と食べられ方が全然違いますが立派な主食で。そういえば米不足の時にお隣のタイからもらったお米を余らせて激怒されたという話が有名ですが、なんで文化の…

『食彩の王国』#194 ごま油

ごま油−Wikipedia ところでなんで炒るとたくさん油が絞れるようになるのかのメカニズムがわからんわけですが、とりあえず、取るが大変であるほど高級とされ、生で絞るほんの少ししか取れない油は髪の手入れとかに使われたりするそうです。て、ちょ…

『食彩の王国』#193 北海道・新じゃが

川田龍吉−Wikipedia だいたい今から100年くらい前のことなのだそうですが、まあ、栄養はあるんだけど、北海道の土地で育つものからして少ないんだから、ということで我慢されてはいたものの、どうにもじゃがいもの味はよろしくなかったそうで。 …

『食彩の王国』#192 イチジク

イチジク−Wikipedia Wiki君の“イチジク属”には、花がなくて実がなっているように見えるが「そんなわけはないのであって」というようなことが書いてあるわけですが、よく考えたら花を知らない植物なんて案外ある現代人にそうそうピンとくるわけ…

「マメな豆の話−世界の豆食文化をたずねて」吉田よし子

そういえば日本でも大豆といえば思い浮かぶのはまず数々の加工食品か枝豆しかないのですが(根拠はないんですが、私の個人的感慨ではないように思えます)。 「そこ」に毒となる成分が含まれていて(豆はほとんどが有毒なのだそうです)、それを食べるための…

『食彩の王国』#191 レバー

少し癖のある味の牛の臓物、やきとりだと特に御馴染みですね。 レバーが平気で肉が好きな体質なので、とにかく涎が止まんかったです。 つーか、昔と比べて格段に美味しそうになりましたよねぇ、どす黒い赤もしくはごろんとした茶色い塊だったのが奇麗に透き…

「フランス料理を築いた人びと」辻静雄

まあ、どちらかというと私が目的としていたのは、ちょうどこの本の著者さんがせっせと探していた側の“フランス料理そのものの歴史”ではあったのですが(要はカトリーヌ・ド・メディシスがイタリアから持ち込んできたとかそういうの)、時代は18世紀から1…

「ジャガイモのきた道」山本紀夫

すごく正直、もう少しドイツの比重が大きいのかな、と期待して読み始めたりしてすみませんでした、ある意味、ヨーロッパで取り入れたのもアイルランドなどのほうが早いし、そもそも栽培食物そのものの歴史に興味のある著者さんから行くと当然南米ですよね、…

『食彩の王国』#190 インゲン

インゲンマメ−Wikipedia 「煮る前にヘタを取ると旨みが抜け出してしまうから煮た後、歯応えを残すのが一般的だけどいっぺんくたくたになるまで煮てみて、癖になるから!」という言葉にくらくら来たので思わずインゲン買ってきてしまいましたが、ち…

『食彩の王国』#189 冬瓜

トウガン−Wikipedia 水分が多くて皮が厚い、結構大きくて寝かせておけば保存が効くという瓜、かな? 昔の品種は種のところが少しすかっと空いているんですが、それも充分に身がぎっしり詰まってて食べられる量が多いというか、確かに一度買うとしば…

『食彩の王国』#188 絹ごし

大豆を潰し水を加え、越したものが豆乳。 そこににがりを入れてから直接型に入れて作るのが絹ごし豆腐、一度固めたものを崩して型に入れるのが木綿豆腐。えーと、豆乳が出た時のがおからでしたっけ。 いや、いざ書こうとしたらその辺がわからなかったんで調…

『食彩の王国』#187 枝豆

枝豆−Wikipedia 煮た枝豆をすり潰して砂糖を加えた「ずんだ」は、私は多少縁があるのですが。 そういえば昔は煮て食べるだけで特に手を加えたりはしなかったねぇ? と禅寺の甘さんは小首を傾げます。昔から、そんなに高価なものではなかったとは思…

『食彩の王国』#186 岩牡蠣

海人−Wikipedia ちょっと待て、項目カキじゃないんかいと我ながら突っ込みを入れたくなるのですが番組の構成上どうもこちらのほうが正しいような気がしてならないというかなんというか「男は余計なもんがでっぱってるからそこから身体がどんどん冷…

『食彩の王国』#185 バジル

バジル−Wikipedia トマトとチーズとバジルを合わせてイタリア国旗! というのはなにも番組内のみのネタではないんですね、いや、そこではピザだったんですが、Wiki君ではサラダがイタリアを代表している、と書かれていますネ。えーと、日本の日…

『食彩の王国』#184 茗荷

ミョウガ−Wikipedia 宿屋の主人が大金を持った客に、その金のことを忘れさせよーと大量に食わせるという落語かなんかがちょっと有名なんではないのかと思うんですが(しかしどこで聞いたんだか思い出せない、実際知ってる人がぽちぽちいるのに)。 …

『食彩の王国』#183 ワタリガニ

ガザミ−Wikipedia 甲羅が15cmにもなる大型のカニで黄褐色、足は青みがかってるそーですね。 つーか、上の“カザミ”がワタリガニって認識でいいと思うんですが、、、ワタニガニ科っつーのもあるのがちょっと引っ掛かりますねぇ; ただまあ、「昔…