読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『週刊 東洋経済』2014年9月13日号「クスリの裏側」

週刊 東洋経済 2014年 9/13号「クスリの裏側/評伝 水島廣雄 そごう元会長/会社四季報 超速報 これから伸びる銘柄ランキング」 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2014/09/08 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る この2014年の『東洋経済』…

『週刊 東洋経済』2014年7月19日号「高齢者激増で大転換迫られる 医療危機」

週刊 東洋経済 2014年 7/19号 「医療危機―団塊世代の高齢者化、多死社会の到来/コマツの虎視眈々/ローランドMBOの泥沼」 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2014/07/14 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 『ダイヤモンド』『東洋経済』で揃…

『週刊 ダイヤモンド』2014年6月28日号「病める製薬 王者タケダの暗雲」

週刊 ダイヤモンド 2014年 6/28号 [雑誌]王者タケダ(武田薬品)の暗雲/アドラー「今こそ! 嫌われる勇気」 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2014/06/23 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る えーと、創業者一族(の本来の後継者ではないとされ…

『週刊 ダイヤモンド』2014年5月17日号「医師・看護師大激変!!」

週刊 ダイヤモンド 2014年 5/17号 [雑誌]特集1医師・看護師大激変! /診療報酬改定で迫られる“民族大移動"/肉薄! 学長選ドキュメント/医局ヒエラルキー崩壊/白衣の天使は変われるか/病院看護師14万人が消える! /訪問看護師需要は17万人に拡大/医学・看護の大…

『週刊 東洋経済』2014年5月17日号「誤解だらけの介護職」

週刊 東洋経済 2014年 5/17号 [雑誌] 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2014/05/12 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る メイン特集ではないが理研の「STAP細胞」騒動に関しての記事があったものの、なんだろう、正直申し訳ないながら微…

『週刊 ダイヤモンド』2014年3月29日号「頼れるクスリ」

週刊 ダイヤモンド 2014年 3/29号 [雑誌] 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2014/03/24 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (1件) を見る 前に読んでいた「アレルギー花粉症」特集(『ダイヤモンド』2/15号)で、ちょっと気になっていた製薬会…

『週刊 ダイヤモンド』2014年2月15日号「アレルギー花粉症のウソホント」

週刊 ダイヤモンド 2014年 2/15号 [雑誌] 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2014/02/10 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (1件) を見る ところで読み終わってからなんなのですが「30代以下はアレルギーが細分化しているので」と語られていてさ…

『週刊 東洋経済』2014年1月18日号「うつの正体」

週刊 東洋経済 2014年 1/18号 [雑誌] 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2014/01/14 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (1件) を見る そもそも「うつ」ってのは脳の中の伝達物質に関する異常であって、薬が効くと劇的な改善が見られる、というのも…

「鉄と人体の科学」岡田茂

鉄が少ない環境だとガンの増殖が抑えられるらしいんだよ、ということを聞いて渡されたのがこの本だったんですが、治療が難しいC型肝炎(ウィルス性なので、ウィルスも死ぬけど人間も非常に苦しいみたいな)も献血の要領で毎月血を抜いていけば増殖しにくく…

『プロフェッショナル・仕事の流儀』医師・国際NGO代表・川原尚行

表題は“アフリカの大地、志で駆ける”、で、わりと早い段階から繰り返し川原さんが呟いていたのが「最初は助けてやるって気持ちがあった」ということなんですよね、んー、正直なところ、軽い気持ちでのボランティア参加、ちょっと褒められたい、という気持ち…

『夢の扉+』いのちを守る“レントゲン”革命!

そもそも私は女なので乳がん検診でマンモグラフィーを撮らなくてはならない、という知識くらいはあるんですが、あれ、こう、怖いですよね…3cmくらいの間に胸を挟まないとならないっていう、痛いそれ絶対痛いそれ怖い。 まあ、疑いの有無まではわりと簡単…

『死者の謎掛け』#9 法廷のフロンティア

「死体農場」とそこから巣立っていき、派生していく様々な学問や捜査官や技術、という回だと思うのですが。豚って死んでも腐敗してもそんな見苦しくないんですね。。。 むしろ、人間だけなんであそこまで醜くなってしまうんだかが不思議なのか。 死体に集る…

『死者の謎掛け』#8 見えない人々

ブラジルの熱帯雨林には先住民族がかつて数多くいて、今は保護区となり、自分たちが「文明化」させようとして伝染病や争いやらを持ち込んでしまった結果。その中でもっとも勇敢で良心的なのであろう保護官は40年もの間、苦悩を抱えておられるわけですが。 …

『死者の謎掛け』#7 死体の伝記

あちらの言葉で「ボディ・ファーム」、邦訳しての「死体農場」という言葉ほどのインパクトはないような気もしますが、不謹慎と怒られるかもしれませんけど、なんかこう、建設的な印象が出てくるような気もするんですよね(>関係記事)。 自分が、果実として…

『死者の謎掛け』#6 殺人現場クリーニング

世界規模で言うとその時点で推定1億、60人に一個。 この間まで内戦が行なわれていた、#5でも扱われていたボスニアとなると、えーと、人口比どのくらいでしたっけ、、、現在、カナダの企業の主導で(どうもカナダは熱心らしいですね)(>地雷問題)内戦…

『死者の謎掛け』#5 野蛮な証拠

スレブレニツァ−Wikipedia 「スレブレニツァ July 1995」の文字が時折、戦争未亡人らの手によって見られるわけですが、1995年7月13日、ボスニア内戦の最中、番組内で“ムスリム人”と呼ばれていた人種(アラブ系って取ればいいのかな、モスク…

『死者の謎掛け』#4 ドラキュラ発見

ブラム・ストーカー−Wikipedia なにが問題ってどうも私のほうが詳しいらしい、ということが一番なのではないのかと思うのですが。映画版とルーマニア以外に関してはほぼ既知のことで、死体の膨張(ガスの放出の瞬間の「叫び声」だけは知りませんで…

『死者の謎掛け』#3 失われた都市

アンコール・ワット−Wikipedia 「宮殿キレイだけどでかすぎるよね!」と地元の若者たちが言い。 周辺の老人は巨人の頭蓋骨を見つけたんだよ(しかしよく考えたら人間のものとは限らんわけですが)、と語るわけですが、さていざ遺跡を見てみると「確…

『死者の謎掛け』#2 処刑島

南の島ですっかり仲良くなったじいちゃん二人が「ヘイヘイヘーイw」という内容になってしまったのは、まあ、ちょっと否定しにくいものはないでもないんですが(そういうレビューが付いてましてね)。とりあえずまずなにに驚くべきかというと。 今もDNA鑑定…

『死者の謎掛け』#1 疫病ハンター

スペインかぜ−Wikipedia 1918年から翌19年、世界に蔓延し、感染者6億、死者4千万〜5千万という多分世界最大なんじゃないでしょうか(その後上回ってなければ当時最大だったのは間違いないですね)。で、時は第一次世界大戦中。 ヨーロッパ…

『探検バクモン』〜UNSOLVED〜「アンチエイジングはどこまで可能か?」PART2

極めて個人的には顔にテトロドトキシン(フグ毒)を注射するよりは男性ホルモンを2日に1回塗布してくれてるほうが心臓には悪くないし、骨をがりがり削るわ身体の中にシリコン入れる(ガン発生物質だそうです、わかってても入れる人が...orz)などというよ…

『探検バクモン』〜UNSOLVED〜「アンチエイジングはどこまで可能か?」PART1

“美魔女”って言葉としては正直あんまり好きじゃないんですが、ここに出てきた元祖っていうか君島さんは結構好きかなぁ。なんていうんだろ、30代の頃より明らかに若返ってる よ?! 外科医さんもそうなんですけど、さすがにNHKが選んで呼んできただけあ…

「国境なき医師が行く」久留宮隆

“国境なき医師団”というのはいつだっけ? わりと近年有名になったNPOの一種で本部がフランスに、という程度の知識しかないのだけれども、まあ、日本人にありがちなことに私もまあまあ美化して考えていて、実際にそれに飛び込んだ人に言わせると「なにもか…

『病の起源』#3 腰痛〜それは二足歩行の宿命か?〜

腰痛−Wikipedia まあ要するに一言でこの番組をまとめてしまうと「歩こうね」ということになるのではないかと思うんですが、とりあえず、人間が四足から二足歩行に進化した時に、しなやかに動く柔らかい腰を手に入れ、それがなかったら腰痛はありえ…

『病の起源』#2 骨と皮膚の病〜それは“出アフリカ”に始まった〜

脚気−Wikipedia 現在31歳の私が高校生の頃ではなかったかと思うんですが、オーストラリアの皮膚がん、その他の皮膚疾患の増加を受けて日本で「日に当たらないようにしましょう」という呼び掛けが盛んに行なわれていた記憶があるんですが、最初に…

『病の起源』#1 睡眠時無呼吸症〜石器が生んだ病〜

睡眠時無呼吸症候群−Wikipedia 病気の番組というのはちょっと興味があったんですがなぜかそれがわりと最近話題になったばかりの“睡眠時無呼吸症”ということもあって、どうかなぁ、と思っていたんですが、石器の発達と共に食べ物を噛む必要性がなく…

「バイオテロへの警告」

炭疽菌−Wikipedia あー、日本のほうが被害者多くね? いや、同情しないわけでもないし炭そ菌騒動は私も記憶してますし、あのタイミングのあの騒ぎをどうこういうつもりはないんですが、警戒する前に敵減らそうよアメリカさん、そもそも君らが生物兵…

『国際共生に向けた健康の挑戦’08』#15 国際共生に向けた健康への挑戦 国際共生に向けて−到達水準と課題

プライマリケアの施設はタイ、ベトナム、インドではいずれも公立のヘルスセンターやヘルス・ステーションが拠点になっており、それらは数多いボランティアスタッフによって支えられているのだとか。 なんでもアルマ・アータ宣言「2000年までに全ての人に…

『国際共生に向けた健康の挑戦’08』#14 国際共生に向けた健康への挑戦 エイズへの挑戦−ベトナム・タイ・インド・日本における現状

タイでは20代30代を合わせて70%のキャリア、男のほうが4倍くらいかな?(でもそういう比率自体が珍しいことではないみたいね、特に言及されてなかった) かつてのコンドーム100%キャンペーンは一定の成果を上げていたものの、薬物常用者の間の無…

『国際共生に向けた健康の挑戦’08』#13 WHOにおける挑戦 健康課題への挑戦−その体制

かつて衛生機関に関しては第二次世界大戦前は国際甲州衛生総局(ワシントン)、国際公衆衛生事務局(パリ)、国際連盟保険部(ジュネーブ)とばらばら。 1945年にサンフランシスコ会議で専門機関の設立構想の立案。 1946年に国際保険会議にて世界保…

『国際共生に向けた健康の挑戦’08』#12 WHOにおける挑戦 健康課題の現状

WHOというのは「世界保健機構」、世界の健康衛生に関しての責任を持つ機関で国連の下部組織の一つ。MDG(国連ミレニアム開発目標)の健康目標に対してもその活動主体と見做されています。 例えば1980年に天然痘撲滅宣言、他に河川盲目症(寄生虫疾…

『国際共生に向けた健康の挑戦’08』#11 アメリカにおける健康づくり マネジドケアの成果と今後

日本では昭和36年(1961年)に「国民皆健康保険制度」が制定されたので、基本的に保健医療制度の範囲外になることがないが、大雑把にアメリカはこの手の制度はないんだよー、という大前提。ただこれ、大本は戦前の富国強兵の観点が始まりなのですかw …

『国際共生に向けた健康の挑戦’08』#10 アメリカにおける健康づくり 大規模緊急災害に対する公衆衛生の危機管理

対策が進んでいると一般的に考えられているアメリカに公衆衛生テロ対策について「大規模緊急災害対策の準備期」2001年9月同時多発テロ以前とに別けて語る会。 まずもともと、アメリカの大規模災害への対策としては各州を超えるような自然災害が主でその…

『国際共生に向けた健康の挑戦’08』#9 アメリカにおける健康づくり 生活習慣病予防とコントロールの方法

まずアメリカの現状(当時)の死亡原因の比率を確認し、その中で死亡者数では比率が低いものの増加傾向にある糖尿病を取り出してその対策を、という順番に進んで行ったこの回なのですが、日本なんかもそうだけど医療体制の充実という段階はすでに越えてるっ…

『国際共生に向けた健康の挑戦’08』#8 アメリカにおける健康づくり アメリカの公衆衛生システム:母子保健活動を例に

第1期独立戦争終結〜南北戦争、大雑把にイギリスとの戦争に勝って一つの国家としての体裁は手に入れたものの、まだ未熟だったアメリカという国の中では、国民の健康に付いての管理は国家ではなく自治体レベルが、まず隔離や検疫などの最低限の発想からじき…

『国際共生に向けた健康の挑戦’08』#7 アジア各国におけるプライマリケア 日本−長寿社会における取り組み

WHOの呼びかけによって1978年、旧ソ連のアルマータにおいて“Health for All by2000(2000年までにすべての人々に健康を)”という宣言。 (インドやタイなんかではこれに直接呼応した政策がありましたよね。) 日本では1878…

『国際共生に向けた健康の挑戦’08』#6 アジア各国におけるプライマリケア フィリピン−医療制度改革とプライマリケア

正直申し上げてびっくりするほど要領の悪い先生っていうか解説者(と呼びたい;)の方だったんで、とりあえず、一番伝えたったのだろう、現在のフィリピンでは先進国特有の食事の問題に由来する生活習慣病と、発展途上国の抱える問題である感染症との問題と…

『国際共生に向けた健康の挑戦’08』#5 アジア各国におけるプライマリケア アフガニスタン−目下の急務:公衆衛生分野の人材育成

東南アジアが続いた4回までと変わってパキスタンとイランに挟まれたアフガニスタンの回、現在戦時下からの脱却中なんだよ、というところからまず始まります。 首都はカブール、人口は3千万人、人口増加率は約4%で高め。都市人口率は25%。 15歳未満…

『国際共生に向けた健康の挑戦’08』#3 アジア各国におけるプライマリケア インド−人口との闘い

人口増加が前年比1.2倍から下げ止まらない…(タイとベトナムは近年で増加率が減少の傾向がありました)、挙げ句に都市人口増加率が1.5倍ですか。 おまけに合計特殊出生比率も都市部では減少したもののまだまだ結構高い。 幼児死亡率も東南アジアで比べ…

『国際共生に向けた健康の挑戦’08』#2 アジア各国におけるプライマリケア ベトナム−予防と治療・公と民・西洋医学と東洋医学の連携

ドイモイという改革を経て近代化が図られました、その一貫で保険政策10年計画が。 タイもだったけどベトナムも国の人口増加よりも都市の人口増加率のが高い。感染性疾患は減ってます、非感染性の疾患が代わりに増加。平均寿命はだいたいタイと同じレベル。…

『国際共生に向けた健康の挑戦’08』#1 アジア各国におけるプライマリケア タイ−健康増進へのあゆみ

んーと、まず番組の冒頭でチュラロンコン国王(ラマ5世)の彫像が紹介されまして。 なんでもこの方は一番有名なタイの国王で、その息子のマヒドン王子はハーバード大学にも学んだ“タイの近代医学の父”と呼ばれているようで。大学の名前にも残ってるらしいで…

『ゾンビの真実』

まあ、なにを見てるんだよと思わないでもないんですが、とりあえず≪ナショナル・ジオグラフィック≫だし無料だし、みたいな観点だったんですが。ハイチのブードゥーに関しての話はいまいちかなぁ、まあ正直キリスト教のほうが進んでると言いたげだったんです…

『アニマル・ナイトメア:動物恐怖症』#11 虫

とってもぶっちゃけまして対象はゴキブリ、毎度お馴染みの暴露療法です、ところでなんとなく治療風景とこの名称が結びつかないのって私だけでもないですよね。。。 昆虫法医学者のおじいちゃんと、ロシア生まれイスラエル育ちのシカゴ在住のパンキッシュなお…

『アニマル・ナイトメア:動物恐怖症』#10 クマ

正直こう、≪ナショナル・ジオグラフィック≫の番組は(どうせ無料だし)、なるべくチェックはしているのですが、この番組に関しては正直内容の見当が付かず。 47分も個人の経験を延々と追い続けるのかな、と思ってしまったんですが(並べ方の問題でこの回を…

『アニマル・ナイトメア:動物恐怖症』#9 アリゲーター

ワニはもう、故意に人間を襲うイリエワニなども存在し(ちなみにワニとアリゲーターは種が違うそうなんですが、まあ、ここでは分類必要ないかなとw)、実際問答無用で怖いものなので別に観光客にワニと戯れて生計を立てている村の方のようになる必要性はま…

『アニマル・ナイトメア:動物恐怖症』#8 イヌ

えーと、この回は暴露療法が使われていましたっけ、ネコの回と同じなので案外接触回数が減らせなくて(ペットだしね)ある程度はその恐怖が妥当な場合に使われるのかなぁ? この回に出てきた彼女らは、二人とも実際の襲撃のあとに恐怖症になった方らで。 し…

『アニマル・ナイトメア:動物恐怖症』#7 カエル

うーん、この回、NLPプログラム(言葉による誘導で過去の記憶を書き換える)じゃなくてなにかもっと“原因を探る”ことをしたほうが良かったんじゃないのかなぁ、一応過去「自分がカエルを芝刈り機で轢き殺した」トラウマは話してましたけど、だからってな…

『アニマル・ナイトメア:動物恐怖症』#6 サメ

ええとうん、アルさんに会わせれば早かったんじゃないかな? ということを主に思いました、19歳の時にサーフィンをしていただけで唐突に右腕を噛み千切られて、結局腕を失ったまま生涯をすごすことになり、まず釣りをしてサメを退治(強い;)。 その後に…

『アニマル・ナイトメア:動物恐怖症』#5 ネコ

ここまで見てきての始めての治療失敗例だったのですが、というか、大概人間にとって縁が深い猫ですが、その恐怖心ってのは歴史に裏付けられた正当なものといえるのかもしれませんね。しかしまあ、猫好きな人ってのは下手するとそういう野性味を失ってないと…

『アニマル・ナイトメア:動物恐怖症』#4 クモ

基本的に日本には害のあるクモが少ない上、ゴキブリを食べてくれるということで(あと、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』とかもいいイメージよね)、益虫とされているということもあってこの回最初はよくわからなかったんですが。 よく考えたらセアカゴケグモなんて…