読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅番組

「京都のお寺神社謎とき散歩-歩いて訪ねる古都のご利益さん」左方郁子

まあ正直なところこの人の「お寺神社」ではないほうの『京都謎とき散歩』を読んでいた時には出版年のわりにはというか、だいぶ更新されていない内容に面食らったようなところはないでもなかったものの(しかしそもそも、お寺神社ではないほうの巻ですでに結…

「京都謎とき散歩-古都1200年のロマンを訪ねて」左方郁子

すごく正直、読み始めた時点のオカルト絡みの話なんかはそんなに悪いとは思わなかったんですが政治絡みの話がなー、なんともなぁ。日野富子のことを再評価するみたいなところは悪いとは言わないんですが(だってあの人、応仁の乱の初期には争う理由がそもそ…

「京都洛西・洛北散歩22コース」京都史跡見学会・編

この前に同じシリーズの「洛中散歩」を読みまして、あともう少し京都の地形に関わる本を、と図書館を検索していたら「洛東・洛南散歩」が出てきていたので次はそれを読んでみたいかなと思います(予約済み)。それと凸凹地形本と、古地図も予定中。で、大雑…

「京都洛中散歩21コース」京都史跡見学会・編

基本的にだいたいこの手の本を読む人はそうだと思うんですが、なにも歴史雑学を手に入れるつもりではなくて土地の起伏やつながり、連続性に関して読めたらいいな、というのが動機なんですが(これ、自分が好きなコースを見つけるのが主題であって、一日多く…

「京都 花の名庭散歩-四季折々の美を堪能する古都案内」野田正彰/水野克比古

すごく正直、現時点で寺院巡り「京都名庭」巡りをするかというとそういう趣味ではないのですが、庭に興味がないというより、庭を作る工程に興味があるというか、まずどのような時代にどのような権力や技術の背景を持ち、どのような庭を作り上げていったのか…

旅ch「ちょっと贅沢!欧州列車旅行」ベルゲン市内観光(ノルウェー)

テレビ東京で放送していたので久々に見てみたのですが、うーん、10分番組だけあって思った以上に薄かったような、気が。というか列車出てきましたっけか、最初のほうには出てきたのかな、最後にも乗って他の土地に移動しないのかな、わからない...orz (あ…

旅ch「ちょっと贅沢!欧州列車旅行」#9 北欧のヴェニス・ストックホルム

スウェーデンのストックホルムはすみません、前に疫病の番組で見たことがあったくらいなんですが(伝染病である天然痘でした、以降医療制度を見直したのだとか)、へー、北欧のヴェニスって呼ばれているんですか、でも、運河が街の中にまで入り込んでいる土…

旅ch「ちょっと贅沢!欧州列車旅行」#8 アンデルセンの愛した地・コペンハーゲン

さすがに私も、アンデルセンと高級陶磁器“ロイヤル・コペンハーゲン”くらいは名前を知っていたのでわりと楽しく見れたんですが、2級品なのかもしれませんがアウトレットショップにすっごい無造作に積まれていたのを見てちょっとだけショックをw あれ、外国…

旅ch「ちょっと贅沢!欧州列車旅行」#7 TGVで訪れる世界遺産“モン・サン・ミッシェル”

TGVというのは日本の新幹線を抜いて(残念w)世界一になった高速鉄道で、今度そのリベンジのためにリニア・モーターカーの導入をするのかなぁ、とか思ってるんですがというのは余計な話なんですが、干潮時には歩いて行けるものの、満潮時にはさっくりと…

旅ch「ちょっと贅沢!欧州列車旅行」#6 ルイ・ヴィトンが案内する本物のパリ

あまりいい意味ではなく、正直“お高い”都市だ、というイメージがあったんですが、すみませんでした、パリ舐めてました、いや、高くなかったということではなく、想像してたよりももっと高いというか多分世界一の高さだったのでもう敬服するしかありませんで…

旅ch「ちょっと贅沢!欧州列車旅行」#5 モンブランと湖のヴァカンス・アヌシー

ちなみについ最近までいまいち欧州への興味が薄かったもので(そもそも守備範囲が主に古代なので欧州に人いねぇ)、街並みが平凡でスイスかイタリアかドイツかわからない、と言われても湖を見た途端に「ああ、ここはフランスだ」とわかるのだという発言も「…

旅ch「ちょっと贅沢!欧州列車旅行」#4 氷河急行で巡る絶景アルプスの旅

氷河急行−Wikipedia 都市巡りというか、どっちかというと列車旅行そのものが目的なんですね、スイス。 ところで時速34kmの“氷河急行”(世界一遅い急行だそうですw)(1930年となるとずいぶん古いですよね、80年近いのかー)と聞いて、急…

旅ch「ちょっと贅沢!欧州列車旅行」#3 チャオ!ミラネーゼスタイル

あ、へー、ヴェネツィアと同じ北イタリアで地図で見た上ではそんな遠いってわけでもないんですが(正直、街並みは似てるかな? と思ったんですが、中世建築とか全然詳しくないのでわけわからんこと言ってたらごめんっす)、中身が全然違うよね。 なんちゅー…

旅ch「ちょっと贅沢!欧州列車旅行」#2 世界遺産の街・ヴェネチア探訪

一つ前のウィーンが見事に過去の王家の印象を色濃く残す街だったのですが(というか、ぶっちゃけて商売にして生きているというかw)、今度はまた見事に対照的な水の都、庶民の街と言っていいんじゃないかなぁ。 街の中に水路が入り込み、ビルを抜ける不思議…

旅ch「ちょっと贅沢!欧州列車旅行」#1 伝統と芸術の都・ウィーン

今なお、ハプスブルク家の面影を色濃く残す、、、というよりひょっとしてなんだかんだと商魂逞しい? と思わず首を傾げてしまったんですが、“世界一の美貌”を謳われたエリーザベト(エリザベートじゃないんだ;)、通称シシィの包装をしてるお菓子やって一体…