読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本ノ宗教

「日蓮と一遍-予言と遊行の鎌倉新仏教者」日本史リブレット人033、佐々木馨

個人的には日蓮さんならともかく一遍さんに関しては思想部分ではなく(この人、実際思想っていう形で展開してたのかね? よくわからん、残してたものがちょくちょくあるらしいのは聞いているものの)、実際の活動周辺に関してを知りたいな、というつもりで手…

『日本の美術43 浄土教画』岡崎譲治・編

この本を読んだ時点で浄土信仰というような仏教の一群があるという認識だったので(浄土宗や浄土真宗などの鎌倉新仏教の辺り)、その辺の仏教絵画が出てくるのかな、と思っていまして、浄土真宗などだと子弟の関係などを絵姿にして大事に保存しているなんて…

「図説 地図とあらすじでわかる! 最澄と比叡山」池田宗讓・監修

ところで私、最澄さんと空海さんの時期をあんまりきちんと把握してなかったんですが、平安京を作った桓武天皇と同時代、ということでわかりました、むしろ比叡山延暦寺って平安京と平行して作っていた認識のほうが無難だし、空海さんに預けられた東寺は平安…

「寺社と芸能の中世」日本史リブレット080、安田次郎

猿楽に関してはこの本で語られているよりも少し前に独立し(形としてはもう少し前からあったろうけども、専門特化したのはこのちょっと前だよね確か)、この少しあとになると足利将軍などを筆頭に貴族の庇護を得つつ大衆化していったよ、ということのはずな…

「戦国と宗教」神田千里

ちょっと前に同じ著者さんの浄土真宗・本願寺派に関しての本を読んでいたので仏教の本かな? と思い込んで借りてしまったんですが、どちらかというとこの時代の神仏に関しての同時代人たちの態度や、新興宗教としてのキリスト教に関しての扱いなど、タイトル…

「古寺に秘められた日本史の謎」歴史新書、新谷尚紀・監修

神社に秘められた日本史の謎 (歴史新書) 作者: 新谷尚紀 出版社/メーカー: 洋泉社 発売日: 2015/02/05 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る このタイトルと表紙の「歴史を影で動かしていた!? 知られざる寺院の正体」という煽りの文章を見て気持ち良…

「一向一揆と真宗信仰」神田千里

とりあえずこの本を借りて来たメインの目的はがっつがつと戦国武将と対立することのある本願寺がよくわからないという部分だったんですが、正直、一向一揆も浄土真宗といまいち印象が一致しないし、本願寺もそんな感じという齟齬のような部分も気になっては…

「比叡山延暦寺-世界文化遺産」歴史文化ライブラリー、渡辺守順

私しばらくこの比叡山延暦寺がどこにあるのかがわかっていなかったんですが、それと、京都の土地周辺の事情を調べるといつも北が空白地帯のように描かれていることが多かったのでよっぽど堅牢な山なのかなぁ、と思い込んでいたんですが。京都関係のテレビ番…

「鑑真」人物叢書、安藤更生

一応鑑真という人の名前と渡来人だということくらいは知っているものの、小説のおかげだよありがたや、と言われていたのは若干否めない部分はあるかなー、という気もしないでもなく。正直この間なにかで見掛けるまで聖武天皇の時代で、東大寺の大仏開眼だっ…

「法然親鸞一遍」釈徹宗

法然はまず最初に出て来た浄土宗の祖で、当時は法然集団とか浄土信仰などとも呼ばれていたらしく、その中の最大派閥が親鸞の浄土真宗。一番異端だとされていたのが踊り念仏などでも名前を知られた時宗の一遍。とのことなんですが、法然が行っていた民衆慰撫…

「奈良の寺-世界遺産を歩く」奈良文化財研究所・編

この本は、手に取った時点では寺巡りの本かな? と思ったんですが、内容というか研究の手法としては遺跡研究に近いんじゃないのかしら、という雑感、というより、寺が敷地をまず巨大化させていったところや、建築物がどの時代に作られたのかという検証や、現…

『法然』別冊太陽・日本のこころ178

鎌倉新仏教の祖、もしくは最初の一人と言われ弟子の親鸞(浄土真宗)よりは地味なんじゃないのかなー、と言われているという法然さんは、なかなかどうしてその背景事情のようなものが面白いんじゃないかなと思うんですが。この本の中でも当然のように触れら…

「法然対明恵」町田宗鳳

鎌倉新仏教という括りを最近改めて読み初めまして(結構昔、宗教関係をぱらぱらと読んでる時に多少なりとは手に取ってはいたものの、いまいち掴めないままでした)、それでまあ、一番最初に位置する法然さんという人物に現在興味があるのですが、この人が浄…

「浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか-仏教宗派の謎」島田裕巳

浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか (幻冬舎新書) 作者: 島田裕巳 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2012/02/29 メディア: 新書 購入: 5人 クリック: 85回 この商品を含むブログ (23件) を見る 正直これ自体が現代を志向しているタイトルに見えたのであん…

「あなたの知らない空海と真言宗」歴史新書、山折哲雄・監修

あなたの知らない空海と真言宗 (歴史新書) 作者: 山折哲雄 出版社/メーカー: 洋泉社 発売日: 2013/08/06 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る そもそも最近まで「弘法大師」と「空海」を分離して捉えていたような体たらくなんですが(よくよく…

『日本の美術465 山岳信仰の美術-熊野』中野照男

別のところのブックレビューをまとめていて、熊野三山が今の三社体制(っても、なんか妙にあやふやな説明されていてどこにどなたがいるのやら、一体化してるって漠然な認識でいいですよ的にも言われていたんですが)になったのが永保年間よりも前だろう、と…

「あなたの知らない法然と浄土宗」歴史新書、山折哲雄・監修

あなたの知らない法然と浄土宗 (歴史新書) 作者: 山折哲雄 出版社/メーカー: 洋泉社 発売日: 2013/10/05 メディア: 新書 この商品を含むブログ (7件) を見る 読書メーターを見ても地味だ地味だー、と言われていたんですが、なんだろう確かに、でも、この人の…

「神社でたどる「江戸・東京」歴史散歩」歴史新書、戸部民夫

この本の著者の人はなんと言えばいいんだろう、なんかちょっとこう、うーん、扱いジャンルが広くて正直テーマごとが深いとは言いがたいんだけども信頼している人の一人です、なんかね、扱い方が教科書にいい意味で近くて誠実な気がするんだよね。ちょっとそ…

「日蓮宗の歴史-日蓮とその教団」教育社歴史新書 日本史181、中尾堯

戦国時代の本を読んでいると最近(少し昔はあんまり存在を認識されていなかったようですが)、かなりのエンカウント率を誇る法華宗は前々から興味があったんですがそもそも「日蓮宗/法華宗」の呼び別け方が曖昧でよくわからず、なにか明確な基準があるのだ…

「神道-日本が誇る「仕組み」」武光誠

現在「神仏習合」から「廃仏毀釈」に至って「国家神道」となるという神道の歴史系統の本を読んでいるところだったので、正直なところこの本がそちらより読み応えがあったかというと疑問なんですが、うーん、わりと取り扱い範囲や時代が広いという著者さんで…

「古代・中世の女性と仏教」日本史リブレット016、勝浦令子

古代・中世の女性と仏教 (日本史リブレット) 作者: 勝浦令子 出版社/メーカー: 山川出版社 発売日: 2003/03 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 正直この本の著者さんはわりと一続きの教えとして扱ってはいるものの、「修行の場にお…

「神社とは何か? お寺とは何か?」PenBOOKS、武光誠・監修

神社とお寺での一番の違いは「拍手を打つ」かどうかの違いで、お寺では打たないからね、気を付けてね、だとか、礼は特に神社で重要みたい(ご挨拶らしいです、柏では気付いて貰うためって説があるんだね)、とか、お手水は両方にあるしややこしいよねー、だ…

「熊野大神-蘇りの聖地と神々のちから」イチから知りたい日本の神さま1、加藤隆久・監修

多分熊野三山と呼ぶのが一番妥当だと思うのだけれども(昔熊野古道に惹かれて本を読んだことがありますが挫折!)(ここで語られてる参道の類だと思うんですが、しかしこれ、どこからどこにつながっている道なのか)、まず熊野速玉大社と熊野那智大社、熊野…

「中世の神と仏」日本史リブレット032、末木文美士

中世の神と仏 (日本史リブレット) 作者: 末木文美士 出版社/メーカー: 山川出版社 発売日: 2003/05 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (7件) を見る ところで少し前に「神祇信仰」という単語を覚え、なにか重要な神社について…

「中世東大寺の組織と経営」永村眞

どちらかというとこの本は学閥、と表現するほうがいいのかなぁ? 東大寺の中にまず南都六宗という仏教の派がありまして、そこに空海の真言宗、最澄の天台宗と加わって八宗、正直ここまでは聞いていたものの「九宗」と聞いてびっくりしたんですが、あ、禅宗か…

「興福寺」日本歴史叢書、泉谷康夫

奈良の南都の有力寺院の中で東大寺に次いで名前が上げられるのがこの藤原氏の氏寺である興福寺で、あんまり本がないなぁ、と思いながら借りて来てみたらば大和国の事実上の支配者であるため、『奈良市史』に大きく取り上げられている上、日本の商業史の最初…

『岩清水八幡宮-男山に座し国家を鎮護する』週刊 神社紀行30

数年前から神社関係の本を読み始めたものの、正直なところ政治関係の事情や寺院関係の事情などと行ったり来たりするようになるまでほとんどまとまって理解が出来ず、最近もまあ行きつ戻りつ少しずつ読み進めているような風情なんですが、そもそも読み始めて…

「大仏再建-中世民衆の熱狂」講談社選書メチエ56、五味文彦

最近この時代とこの「東大寺と興福寺の炎上」を続けて読んでいるので当然なものの、だいぶ何度も燃えた印象になってしまっているんですが…そういやこのあとにも室町時代の末期に燃えたんだっけ東大寺、ご愁傷様です。(室町時代には興福寺は無事でした、そう…

『興福寺-猿沢の池に映える五重塔』週刊 古寺をゆく05

とりあえずこのシリーズを読んできたのはこの興福寺が目当てだったのですが、このあとを読むか読まないかはちょっと迷おうかなと思います、ところで申し訳ない言い方かもしれないんですが、なんで4巻が「中尊寺」なんでしょうね…。(2巻の「東大寺」よりも…

『東寺-京の玄関にそびえる弘法大師の教え』週刊 古寺をゆく03

基本的に各寺というよりその成り立ちや政治的な役目などが気になるのですが、えーと、この東寺があるのが京都八条の辺り、サブタイトルにも「京の玄関」とあるように御所からは離れている(一条から存在するわけだしね)。どうも藤原京以降の都では寺院を都…

『東大寺-大仏の慈悲に包まれた天平の大寺』週刊 古寺をゆく02

南都の代表格の寺院って認識で多分問題ないと思うんですが、華厳宗の総本山。最近はあんまり触れられることもないようなんですが、全国に展開した国分寺の総本山で総国分寺という名前もあるようです。まあ権門寺院が目的なので今後もぽちぽちとこの東大寺に…

『法隆寺-聖徳太子の理想を伝える斑鳩の里』週刊 古寺をゆく01

全80巻のシリーズを予定していて、その1冊目(まあ順当だよね)、で、目当ては当面のところ第2巻の東大寺、第4巻の興福寺の南都権門寺院なんですがある意味でこの法隆寺が先んじたみたいな存在なのでちょっと参考にはなったかな。まあ、正直なところを…

『日本の美術171 国分寺』三輪嘉六・編

国分寺ってのはそもそも微妙にどういう意図で作られたのかがわかっていないようなんですが(いやもちろん名目はあるんですけども「護国のため」って言われてもね、仏教の全国的展開のためってことならお題目っぽくても意味わかるんだけども)、どうも見てい…

『趣味どきっ!開け!世界遺産』#2「東寺・平等院・熊野古道」

この回はなんの回だっけかな、と見終わったあとでぼんやりと思い返しているんですが、要するにあれかな、日本にまず神道があって、そこにインターナショナルな仏教が入って来たのが前回で、その仏教の中に現世利益を追求する密教の流れが来たよ、というのが…

「もっと知りたい東大寺の歴史」アート・ビギナーズ・コレクション、筒井寛昭/坂東俊彦/梶谷亮治

この間、滋賀の紫香楽宮関係の本をぽつぽつと読んでいて行基(はぐれ僧侶)が担当していたという大仏がどうなったのかをきちんと把握していなかったんですが、あ、結局あれがこの奈良の東大寺のほうに作られたんだね。で、この東大寺というのはどうも総国分…

「国家神道」村上重良

えーと、上手く表現出来るかどうかわからないんですが、私このタイトルにもなっている「国家神道」のことを記紀神話(古事記と日本書紀)を中心にした中央政権的な性質のある神道ではないかと勘違いしてました、すみませんでした、記紀神話も特に国家神道に…

「「出雲」からたどる古代日本の謎」滝音能之

「出雲」からたどる古代日本の謎 (プレイブックスインテリジェンス) 作者: 瀧音能之 出版社/メーカー: 青春出版社 発売日: 2003/11/01 メディア: 新書 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る とりあえずそもそもかつて「出雲は神話はあるものの、実際は…

「図説 伊勢神宮」松平乘昌

伊勢神宮の本なんですがどういうわけか神宮の外の歴史がめっぽう多く、なんでだろうかと不思議になったんですが、すみません、天皇家の祖神の上、斎宮がいてある程度の時期まで民間人の出入りご法度で完全に運命を共にしていたってことだよね。で、中世くら…

「神々の明治維新-神仏分離と廃仏毀釈」安丸良夫

神々の明治維新―神仏分離と廃仏毀釈 (岩波新書 黄版 103) 作者: 安丸良夫 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1979/11/20 メディア: 新書 購入: 9人 クリック: 56回 この商品を含むブログ (32件) を見る さすがに神仏分離令の記憶はあるものの(授業で聞いた…

「アマテラスの誕生-古代王権の源流を探る」溝口睦子

アマテラスの誕生―古代王権の源流を探る (岩波新書) 作者: 溝口睦子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2009/01/20 メディア: 新書 購入: 5人 クリック: 45回 この商品を含むブログ (27件) を見る 大雑把にもともとタカミムスヒという太陽神が存在していて…

「神仏習合」義江彰夫

神仏習合 (岩波新書) 作者: 義江彰夫 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1996/07/22 メディア: 新書 購入: 6人 クリック: 68回 この商品を含むブログ (30件) を見る 律令制のことをそもそも「初穂」による租税システム、と表現していたところからちょっとし…

「伊勢神宮の謎を解く-アマテラスと天皇の「発明」」武澤秀一

伊勢神宮の謎を解く アマテラスと天皇の「発明」 (ちくま新書) 作者: 武澤秀一 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2011/03/09 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 24回 この商品を含むブログ (10件) を見る まあすごく大雑把に「古来から連綿と同じ形式で…

「穢れと神国の中世」講談社選書メチエ、片岡耕平

とりあえず「穢れ」というものがなにかというと一番わかりやすかったのが大臣が公務の場で頓死してたんだよ、というのは正直言うと現代人でも問題として共有出来るんじゃないのかなぁ、その場で行事が行われる場合にその開催を一旦は検討するという流れすら…

「神社が語る古代12氏族の正体」関裕二

神社が語る 古代12氏族の正体(祥伝社新書) 作者: 関裕二 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2014/07/02 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 正直一言で申し上げてわりと形容に困る本だったんですが、ぽちぽちと読んでると銅鐸と銅剣・銅矛が一…

「八幡大神-鎮護国家の聖地と守護神の謎」イチから知りたい日本の神さま3、田中恆清・監修

熊野、稲荷と続いてのシリーズ3巻めなんですがこのシリーズで通して「大神」って表現になっているのが正直さすがに意味がわかるような気も。あれなんですよね、そもそも祭神があまりはっきりしないということが明言されているんですが(応神天皇とその母親…

「[図説]比べてわかる! 日本の仏教宗派 宗祖・教えから仏事作法まで」永田美穂

[図説]比べてわかる! 日本の仏教宗派 宗祖・教えから仏事作法まで 作者: 永田美穂 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2012/11/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 日本では仏教は主に13宗が存在し、と語られていたんですが…

「<出雲>という思想」原武史

<出雲>という思想 (講談社学術文庫) 作者: 原武史 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2001/10/10 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (26件) を見る 当然古代史の本だと認識して手に取ったところ、いわゆる近代に展開していた祭神…

「大仏造立の都・紫香楽宮」遺跡を学ぶ020、小笠原好彦

どうも正直ここに出てきていた紫香楽宮というものがまずよくわからなかったんですが、同じシリーズにある同じく近江が主題の『藤原仲麻呂がつくった壮麗な国庁・近江国府』との前後関係も恥ずかしながらよくわからず、とりあえずここの関係者である聖武天皇…

「謎多き神 八幡様のすべて」田中恆清

昔、熊野古道に興味を持ったことがあって熊野信仰の本に軽い気持ちで(自分の能力のようなものを過信して)、手を伸ばし、ものすごい勢いで討ち死にしたことがないでもないんですが、この本を読みながら思い出していたというか、ちょっと似てる。ただ、こち…

「図解 伊勢神宮と出雲大社-神話と現代を結ぶ二つの神社」三橋健

伊勢神宮の祭神が主にアマテラスで、まあ最初の夫婦の旦那のほうの禊で生まれた一番高貴な女神なんですが、この同時に生まれた弟がスサノオ(あの暴れて姉が天の岩戸に閉じこもったやつ)で、この追放されたスサノオの子孫が大国主。で、この大国主が出雲大…