読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美術/【美の巨人たち】

『日本の美術13 水墨画』松下隆章・編

この本の前に同じレーベルで「初期水墨画」を読んでいるんですが、その本を手に取った時点で予想していたのがちょうどこの本で触れられていた冒頭部分、大雑把に室町時代中期から雪舟の登場くらいまでの時代なんですが。なんでそんな勘違いをしていたのかと…

『日本の美術43 浄土教画』岡崎譲治・編

この本を読んだ時点で浄土信仰というような仏教の一群があるという認識だったので(浄土宗や浄土真宗などの鎌倉新仏教の辺り)、その辺の仏教絵画が出てくるのかな、と思っていまして、浄土真宗などだと子弟の関係などを絵姿にして大事に保存しているなんて…

『日本の美術69 初期水墨画』金沢弘・編

前にも確か…日蓮宗だったかな? 日蓮宗本願寺派の本を読んでいた時に祖となる僧侶の(師匠を必ず持っているので系譜でつながっていく)絵を連ねて描いて行く、という習慣が紹介されていたのですが、ここで禅宗で紹介されていたのも多分それと似たようなとこ…

『日本の美術22 茶道具』藤岡了一・編

あくまで取り扱われていたのは茶道具という物に関しての歴史なんですが、最近時々「侘茶の創設者」と言われていて、若干ぴりぴりしていた千利休さんの扱いに関して、まあ、それ自体を認めるつもりはないものの、ある程度理解出来ないでもないかなー、という…

『日本の美術45 石造美術』小野勝年・編

私このシリーズを見てきてカラー写真と白黒写真の品目がかなり被ってるというのは初めて見たんですが…(一部の最重要なものに関してはカラーにも出て白黒で部位を、というケースは結構あるけどね)、要するに絶対数が少ないって認識でいいのかなぁ。あとあれ…

『日本の美術44 貞観彫刻』倉田文作・編

そもそもこの「貞観」というのがなんなのかはさっぱり忘れてしまったんですが、ひょっとしたら元号だろうかありえそうな気もするんだけど調べてないです、でもそういや、他にも元号由来の美術の時代表記ってあったような気もするんですが。なんで調べないか…

『日本の美術467 山岳信仰の美術-日光』関根俊一

とりあえずこの本を手に取って「日光東照宮」しか出てこなかったことは本当に反省しているのですが、あと二荒山神社そのものの名前を聞いたことはあったのにこの地と結びつけて認識していなかった辺り。今まで読んできた、熊野や出羽三山などと同じく山その…

『日本の美術466 山岳信仰の美術-出羽三山』原田昌幸

山岳信仰の熊野、出羽三山、日光と続く2冊めなんですが。今の時点でそれぞれの本のつながりは特にないんじゃないかな、とにかく時代や関わる範囲が広いので、いまいちぼんやりしている部分も多いよね。というより正直まだちょっと、山岳信仰(出羽三山の場…

『日本の美術98 室町彫刻』上原昭一・編

で、ここで彫刻に関してのシリーズはどうやら終わるようなのですが、大雑把に正確な時代区分というよりも今で言うところの判子絵めいた、ほぼ同じ規格の仏像が頻出するようになった時期以降が主に取り扱われていた、と言ったところでしょうか。確かに申し訳…

『日本の美術50 藤原彫刻』中野玄三・編

一言で言うと平安時代後期、仏師の系譜で京都に円派、院派、奈良に慶派が存在しているというのは聞いていたんですが、ああ、仏師の系譜って集団なのはこの三派で打ち止めだったのか…。で、この三派は全て平安時代後期の定朝という人物から始まり、京都の二派…

「仏像に聞く-鑑賞を深めるための基礎知識」江里康慧

前にまとめて読んでいた『日本の美術』の彫像関係の古いシリーズに続けて2種類めかな(著者さんは違ったものの、情報などは合わせていたようだったので)、で、そちらのシリーズでは「定朝」という人物を最初の仏師として紹介して、そこからの系譜として円…

『日本の美術40 鎌倉彫刻』西川新次・編

このまま次に予定している『藤原彫刻』を読んでいるところなんですが、平安時代後期に当たるということでまた前の時代で遡っちゃうのね(前にも同じレーベルで刊行順に読んでいたら時代遡っちゃったんだよね、ほぼ同時期の雑誌スタイルなのでさすがにまとめ…

『前田家伝来名物裂(下-京都国立博物館蔵』

前田家に伝わった「名物裂」(めっちゃ高価な布みたいなやつ、数見てても完全にコレクション用、時々端っこが付いてるとか、多分元は○○みたいな言及が)を京都国立博物館が購入した段階で記念に出した上下分冊の下巻。時代で別けているのかな? と上巻の時点…

『前田家伝来名物裂(上-京都国立博物館蔵』

そもそもこのタイトルにある「名物裂」というものの存在を知らず、知らないという部分まではそこまでおかしくもないものの、正直見ても知らない単語が並んでいるっていうことを意識しなかったのはちょっとどうかと思うんですが。今から考えるとなんだと認識…

『日本の美術10 肖像彫刻』毛利久・編

肖像彫刻というのはざっくり実在の人物の像のようなのですが(初期仏教の十大弟子なんかだとそれに近いような側面はあるよね、外見の特徴が描かれてるのが一人か二人しかいないのでどう区別するんだよという苦悩が見えるとかw)、読んでいる限りではほぼ仏…

『日本の美術21 飛鳥・白鳳彫刻』上原昭一・編

彫刻の本の2冊めで、この少し前の号の「天平彫刻」よりも実際には少し前の時代なんですが(つまり時代的には逆行)、こちらの本は芸術家肌の方が著者さん、「天平」はどちらかというと学者肌の方が著者さんのようなので、まあ、良かったんじゃないのかな、…

『日本の美術15 天平彫刻』杉山二郎・編

そもそも彫刻に関して読むのが始めてなのでとりあえず『日本の美術』で近い号で彫刻と付くものを片っ端から借りて来てみたところで、正直なところどの号が古くて新しいのかがよくわからない。この見慣れない天平が古いんだろうか、とまず読んでみたものの、…

『日本の美術216 大宰府跡』石松好雄・編

そもそもこのシリーズが「日本の美術」だったのでどういう観点で大宰府が扱われているのかわからなかったんですが、うーん、特にデザイン方向からのアプローチではなくて普通に遺跡発掘メインということでいいのかなこれは。考えみれば古代史に関してや遺跡…

『日本の美術6 刀剣』佐藤寒山・編

昭和41年の刊行で、雑誌スタイルだと認識すればいいのかな(表紙には「10月号」らしき表示も)、大雑把に読んで感じたのはこの当時は今よりもはるかにこの手の本の需要があったのだろうこと、初心者が読むことはそれほど想定されていないだろうこと、多…

「石造物が語る中世職能集団」日本史リブレット029、山川均

石造物が語る中世職能集団 (日本史リブレット) 作者: 山川均 出版社/メーカー: 山川出版社 発売日: 2006/08 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (13件) を見る 源平の時代の南都襲撃によって東大寺と興福寺が炎上し、その復興に…

『東京人』2013年05月号「いざ、歌舞伎へ」

昔から歴史趣味なのでどちらかというと伝統芸能色の強い能楽に関して調べていたことはあるのですが(こっちは室町だよな)、江戸の頃に最盛期を迎える歌舞伎にはちょっと食指が動かず、記事の中でたびたび述べられていた役者人気によって支えられていた時代…

『日本の美術78 運慶と快慶』田辺三郎助・編

とりあえずこの二人は源平の頃の平重衝の南都焼き討ちに際して燃やされてしまったという東大寺と興福寺の復興に当たったという人物なのですが、よく考えたら昔親子って説明されていたし、その後親類ってのも聞いたことがあるような? でもそもそもこの名前に…

「三菱一号館美術館-丸の内に生まれた美術館」三菱地所・編

もともと丸の内に荒野が広がっていた、というのはどうもあれはあの周辺(要するにかつての江戸城から日本橋の辺り)に軍事関係の施設が多く展開していて、中央政府が資金を捻出しようとして高値を吹っ掛けたためになかなか買い手が決まらず、要するに移転か…

『日本の美術460 光悦と本阿弥流の人々』河野元昭

正直なところつい最近「本阿弥行状録」を読んでいるのでしばしば首を傾げてしまう部分があったのですが(光徳がなんか徳川家康さんにざっくり評価と違うのを言い放ってお、おう、みたいな感じの態度になられてたとか、父親の縁で土地貰ったんだけどね、とか…

「ジュニア 日本の美術-復古と新風 鎌倉・室町時代」江口正一/関忠夫・編

んー、昭和46年の本なんですがアマゾンに登録なしか、正直なところいろいろ気になる内容が多かったので無理もないのかなぁ。あれですね、古い教科書を読んでいるような気持ちになったのでこの後だいぶ内容を改定しないと駄目なんだろうな。(でも美術品関…

「本阿弥行状記」東洋文庫810、日暮聖/訳注

正直この本を読み始めた時点ではあまり家業(まあ美術関係とか刀目利きとか細工とか)には関係ない内容なのかな? と思ったんですが、どうも最後まで読んでいくと光徳と光悦というニ系統がこの時期に本阿弥家の中に存在していたらしいことがわかる。で、そう…

『日本の美術137 刀剣-大和と美濃』小笠原信夫・編

鎌倉か室町時代辺りに出来たと言われていてあまり一般的に語られているわけでもない日本刀の分類に5伝というものがありまして(目安みたいな感じだしね)、その中に大和伝と美濃伝というものがあるんですが、この場合はその認識のほうがわかりやすいんじゃ…

「東山文化-動乱を生きる美意識」美術選書、吉村貞司

私そもそも東山文化そのものからわからないままこの本を手に取っていたんですが(大雑把に言うと足利3代将軍である義満の時代の観阿弥・世阿弥親子もこっちの流れかな、と勘違いを、まあ時代は近いし能楽も東山文化に含まれるみたいなんだけどね)、足利8…

「日本の美術-その形と心」水尾比呂志

日本の美術―その形と心 (1982年) (岩波ジュニア新書) 作者: 水尾比呂志 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1982/04/20 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 土器を見ているとどんなに素朴な形のものであってもなにか生命力のようなものを感じる、と…

『美の巨人たち』朱雀天皇「国宝・醍醐寺五重塔」

どうも五重塔というものは地震に強いらしいんですが、あくまで大陸由来(どのルートだったっけ、仏教美術とかって外部流入が多いので結構曖昧だったりするよね)の技術なのでそもそもどうして地震に強いのか実はよくわからないらしく。現地適応したんじゃな…

『美の巨人たち』辰野金吾「奈良ホテル」

関西の迎賓館とも呼ばれたのがこの奈良ホテルで建築家は辰野金吾。あ、これ、鉄道院の依頼で日露戦争の後なのか、賠償金は取れなかったんですが、ちょっとした事情で外債が回ってきてたらしいので、ひょっとしてわりと使用目的は限定されたんじゃないのかな…

『美の巨人たち』P・ブリュナ/E・バスティアン「富岡製糸場」

この富岡製糸場というとかつて官営として作られてのちに払い下げをされたものの、最後に買い取った企業が偉くて特に手を入れることなく保存していたらしく、最近になって世界文化遺産認定を受けたよー、という大逆転をしたところとして有名なんですが。個人…

『美の巨人たち』織田信康「国宝・犬山城」

この回を見ていたら城カフェも実にいいと思うんですが(あれで商売になるのかマニアめww)、前にいい味出してた橋カフェもまた見たいなぁ、としみじみ。私はどちらかというと名古屋に近い土地の人間なんですが、名古屋城って戦後に作ったものなんですよね…

『美の巨人たち』フランク・ロイド・ライト「自由学園明日館」

帝国ホテルを設計した、というところまでは大概有名であろうものの、それ以外のところはほとんど知られていない人物ではないかと思うんですが(帝国ホテル作った時点でそこまで建築家としての地盤が磐石じゃなかったらしくて、関東大震災の時に壊れてるかど…

『美の巨人たち』ウィリアム・モリス「レッド・ハウス」

アーツアンドクラフツとモリス商会は確か産業革命と連動した人間性の回帰として語られていたような記憶なんですが、この回で出てきた「世界一美しい家」レッド・ハウスや各人の人生までは知らなかったもので、いささか変わった学生の集団として出会いと、そ…

『美の巨人たち』建築シリーズ 丹下健三「東京カテドラル聖マリア大聖堂」

丹下健三というと、極めて個人的に新・旧都庁を建てた人で大阪万博で“太陽の塔”にぶち破られた土台部分を作っている人、という若干残念なイメージの人なんですが。正直言うとちょっと苦手なんですよね、ただ、彼が悪いというより、多分私が漠然と苦手なもの…

『美の巨人たち』建築シリーズ 布田保之助「通潤橋」

正直この回で出てきたアーチ橋というのが、一体どういうルーツで出来たのかがわからなくてとりあえずこの通潤橋というのを(おおお、一発変換した!)、検索してみたんですが、嘉永7年ってのは日米和親条約の年なんですね。 番組の中で語られていたように「…

『美の巨人たち』建築シリーズ「金龍山 浅草寺」

正直私、あんまり浅草寺って好きじゃなくて、むしろ雷門が好きなんですよ、で、なんでそう感じるのかよくわからなかったんですが、そっか、本堂と宝蔵門は飛鳥時代のゆったりとした建築方式で作られてたんですね。雷門は江戸の頃の建築様式で(ちょっと派手…

『美の巨人たち』建築シリーズ 徳川家康「名古屋城」

そういえば私は愛知出身なんですが(市町村合併で故郷なくなりましたのよ)、「尾張名古屋は城で持つ」の意味をよく知らなかったので調べてみたんですが、『伊勢音頭』って歌の冒頭部分の歌詞なんですね、よく意味がわかりませんとか言われてますが多分この…

『美の巨人たち』シスレー「ポール・マルリ 洪水と小舟」(フランス)

アルフレッド・シスレー−Wikipedia (1839.10/30−1899.01/29) この番組で出てくる解釈や独特の「描き方」は正しいのかそうでないのかはまあ置いておいて、納得が出来ることと出来ないことがあるのですが、ああ、空を大きく切…

『美の巨人たち』小林古径「清姫・日高川」(日本)

小林古径−Wikipedia (1883.02/11−1957.04/03) “安珍清姫”っちゅー話はまあ、聞く人によって全然感想が違ってきたりするんですが、案外と男の人のほうが純粋な愛として清姫の肩を持ち、わりと私が話を聞くような女性は(正直…

『美の巨人たち』石田徹也「飛べなくなった人」(日本)

石田徹也−Wikipedia (1973.06/16−2005.05/23) あー、なんというか大雑把に同年代の人間なもので(70年代生まれなので)、むしろどっちかというと年上に「心酔」している人がいる印象があるというか、微妙に評価が“イラスト…

『美の巨人たち』クロード・N・ルドゥー 建築「アルケ=スナンの王立製塩所」(フランス)

クロード・ニコラ・ルドゥー−Wikipedia (1736−1806) フランス革命の頃、というよりフランスの市民革命の直前の時代。 王家の専売であったという製塩所を、むしろそこで働く人たちのことを一番に考え、製塩所を囲む形でコミュニティを作っ…

『美の巨人たち』東山魁夷「残照」(日本)

東山魁夷−Wikipedia (1908.07/08−1999.05/06) 母上は静けさと荒さの融合、ということに大いに頷いていたわけですが、個人的にあんまり目が良くない(そして昔は無茶苦茶目が良かったんですが)、山が日常的に前面に立ちふさ…

『美の巨人たち』横山大観「夜桜」(日本)

横山大観−Wikipedia (1868.11/02−1958.02/26) 有名な画家さんで名前は存じ上げておったものの、ぶっちゃけて“有名”ということくらいしか知らないんじゃないかと思った上、前に円空仏に抱きついてた人? と思ってしまいました…

『美の巨人たち』モディリアーニ「カリアティッド」(フランス)

アメデオ・モディリアーニ−Wikipedia (1884.07/12−1920.01/24) 短命だった彫刻家にして画家(彫刻家として認められたかったのにほとんど画家としての名前しか残らなかったそうです)、というよりどっちかというと、彫刻家だ…

『美の巨人たち』ジェリコー「メデューズ号の筏」(フランス)

テオドール・ジェリコー−Wikipedia (1791.09/26−1824.01/26) ものすごくぶっちゃけるとルーブル美術館は案外「飾るところがなかった」と言い張っても良かったような気もしないでもないんですが(私の部屋より広いかもしれな…

『美の巨人たち』河鍋暁斎「大和美人図屏風」(日本)

河鍋暁斎−Wikipedia (1831−1889.04/26) 歌川国芳って言えば反骨というより“変わり者”という感じの人ですが(なんとなく政府をおちょくるのが面白いから反骨っていうような気もしないでもない)。その弟子であるこの河鍋暁斎氏、時…

『美の巨人たち』ジャン・ミッシェル・バスキア「Untitled」(アメリカ)

ジャン・ミッシェル・バスキア−Wikipedia (1960.12/22−1988.08/12) ぶっちゃけて価値がよくわからず、晩年に「アフリカー」と当人がぶつぶつ呟いていたと聞いてああ、洞窟壁画! と納得してしまったのはひょっとして失礼だっ…

『美の巨人たち』ティツィアーノ「ウルビーノのヴィーナス」(イタリア)

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ−Wikipedia (1490頃−1576) 正直こう、“ヴィーナス”という単語を聞いた時に即座に女神と結びつかず。 本当に実感したと言えるのは下手をしたら上のWiki項目からこの作品の元になったと言われているジョ…