読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『週刊 東洋経済』2008年4月19日号「鉄道革命」

正直ここ数年見た内容と全く傾向が違って非常に面白かった、というか『東洋経済』が得意なのだと思っていた営業係数の表もないのか(営業係数はちょっとややこしいし、算出する媒体によっても違いは出るけど、少なくとも数年の変化ははっきり出るよね)。何年から鉄道特集が始まったのかが認識してなかったが、正直この頃は夢があっていいねw
興味深かったのが台湾の高速鉄道はほぼ日本の新幹線の技術が提供されているものの、体制等々はほぼ欧州勢が占め、JR東海は管理の責任が負えない、と撤退していたとか。中国の高速鉄道の入札に関してはこの頃からややこしいことになっていたんだな、という辺りかな、NYの地下鉄に関しては最近の特集では話を聞かないんだけれども、どうなったんだろうか(すでにこの時点で規格変更で納入が遅れて損失は出していたが)。
ただ、やっぱり最近のイギリスの高速鉄道への日本の参入に関しては、意外とこの頃にも兆しがあるんだな、と興味深かった。そうそう、ユーロスターで一度線形を直して15分短縮したとか、狭すぎて機材置く場所がなくて英仏トンネルを掘った土で資材置き場を作ったとか、どこかで聞いた話があったので意外と行けるだろうと思ってたよw

富山ライトレールの成功を受けてのLRTの導入の件は、どこか続いているのかなぁ、採算を取るという概念だとまあ失敗するんだけど、というのが日本でどれだけ認識出来るかという話だと思うのだけれども、残念ながら5年ほど進歩はしていないかもしれない。
世界三大メーカーの仏アルストムとフランス国鉄との関係も、確か何年か前に独シーメンスに乗り換えたという話を聞いたと思うけれど、この頃にはもうすでに萌芽があったのね。
しかし、商社が海外の鉄道企業と手を組んで参入というのは全く聞いたことがなかったのだけれども、これもどうなったんだろう。もうちょっと途中の話も読みたかったなぁ。