読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「江戸東京歴史散歩(1 都心・下町編」江戸東京散策倶楽部

本を読み終わってまとめようとして、ついスタート地点を東京駅、と考えてしまったんですが、江戸の本でしたね、今の皇居、かつての江戸城跡地でしたっけ。正直皇居って修学旅行でしか行ったことがないんですが(もともと東海にいたので)、江戸城の跡とか見れたりするものなのかなぁ、東京駅からは正面の位置なんだよね。
で、なんか地図の隅っこのほうに靖国神社があることが多かったんですが、あれは、同じものなのか違うものなのか…西側の土地だともうちょっと位置関係わかるんですが。
(招魂神社自体は複数あったって聞いたことはあるので、というか、悪名高き招魂神社って言われてたけど、なにがあったんだろう…?)(文化破壊的な意味らしいです。)

都心っていうのはいわゆるかつての市街地「朱引」の内側ってことですよね、そこに付随していた東側の土地が庶民の土地で下町、と呼ばれてるところだよな。両国の辺りがかつて下総国だったのはなんとなく知ってたんですが、あー、葛西もそうだったんだ、中心地が日本橋で、明暦の大火のあとだっけ、そこから築地(その時に埋め立てたんだよね)の辺りに生鮮市場が、三ノ輪の辺りに新吉原が、というのは聞いてるんだけど、意外とこうしてみるとぽちぽち地理条件抜けてたなぁ。
神社仏閣なんかは結構こまめに説明してくれてるんですが、酉の市とか有名なお祭りくらいでまあだいたいは知ってる、どっちかというと伝説のがメインだった感じかなぁ。
江戸四宿の千住宿と北千住と南千住の土地の位置もよくわかっていなかったんですが、奥羽街道と日光街道の他に水戸街道も分岐していくらしく、北側が古くて南に広がったのかな、品川宿の範囲は最近までちょっと勘違いしてたんだけど京急北品川駅近くなんだよな。
結構良かったのでこのシリーズの本読んでみよう、あと何冊かな?