読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『権力の館を考える '16』#6「首相の館(1」

片割れを書き終えたものの(二つずつ書いています、一つは自己都合多め)、どうにも岸信介さんの館が思い出せないんですがまあいいや気にしない。
あと、もとの朝香宮邸はなんだってまた吉田茂邸になったのかも聞きそびれました。
都心にあるかなり利便性の高そうな屋敷なので、譲っててもそんなに不自然とも思わないんだけどもね、てか、朝香宮って正直ちょくちょく名前を拝見するんだけども、だいたい趣味がいいというかハイカラというか。
 
で、ここで朝食会なる非公式(だろうね見るからに)会談が行われていたとか、内閣総辞職になった時点でそのまま飛び出して帰って来なかっただとか、別の屋敷に移ったあとも来訪者が気に食わないと食事が無駄になるとか、皿が自分の考えていたものでないと食べないとか、まあそんな諸々が語られていたのですが。
よく考えたらあれはやたらと御厨さんが「知られてますが」「有名ですが」と付け加えていたんですが、本当に有名なんだろうか、少なくともアシスタントの佐藤さんほど詳細なデータを持っていない御厨さんが知っていた時点で有名な可能性も低くはないものの、日記とか伝記とかに書いてあっただけなのでは?
いいやそれとも、本当に噂として伝わっていたんだろうか、と計り知れない。
正直なところ、それが吉田茂さんだと別にどっちでもありえそうだしなぁ。
そしてあと鳩山一郎氏の館も出てきたのですが、荘厳でぼーん、だけど当時は首相でもなんでもない、というかそもそも政界復帰前? なのに有名建築家がわざわざ気合いを入れて作ってたとか、動物モチーフがちまちまあって可愛いとか。
なんの共通点も見出せないんじゃないかな、というのが素直な気持ちかな!!