読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「車両基地 山手線」川中拓也/久保田敦

そもそも私、山手線の時刻表を見ることがほとんどなかったんですが、この間早朝に移動する時に見てみたら早朝と終電間際以外は時刻表がそもそもない!? ということに始めて気付きまして、あれは確か2分間隔だったっけ。まあ延々と来るみたいですね、止まるとちょっとした感じにホームからパニックですよね。
(そして関東全域に混乱、とか、本当に表示されますよね、人身事故の近くの路線が巻き添え食らって止まったのも見ましたね、ええ。)

その圧倒的存在感の山手線の品川にあるらしい車両基地なんですが、駅名どこだっけ、なんか一箇所だけ「終点」が存在していて、下ろされた時にパニックになったことがあるんですが(パニックになることないだろ、と思うんですけど10年間乗り続けて来て始めて終点に着いたんでw)、ああ、そうか大崎駅で、これがその車両基地の最寄りみたいです。
で、見ればわかりますけど延々と山手線車両しかいない、動き出すとざくっと辿り着くんでしょうね、そしてやっぱりすぐ側に洗車用の機械らしきものがあり、電気検測試験車と書かれた車両とか牽引車があって、私にはなにをしているかわからないながら、これもやっぱりほぼ専属なんじゃないかなー! という気がしてなりません、車両基地の西側には工場もあるらしく、そこにはぽちぽちと山手線以外の車両の姿も。
ひょっとしてなにか異常があった車両がここに運ばれてくるのかなぁ、緑とオレンジラインのは大崎にいても不思議はないんですけど、あれ、オレンジのラインはあれか、高崎線宇都宮線で、この車両は赤ラインかなぁ?
車両基地のDVDを写真に起こしたもので、ざっと見ただけのつもりだったんですが思い返すとこれはこれで面白いなw 新宿の深夜風景はまあまあ、見たままで。